コーディング代行にお願いしてしまえばきちんとSassで書いてもらえます
Sassがわからなければコーディング代行に依頼

Sassがわからなければコーディング代行に依頼

脱ホームページ初心者を目指すのにまずはSassを使ってみてはどうでしょう。

SassというのはCSSのメタ言語です。
CSSを別の言語で記述することによって効率化を図るんです。
これを使えるようになればコーディングも高速化できるようになるでしょう。

高速化できる仕組みが色々と備わっているのです。
たとえば、変数を利用できますので、色を変数に定義しておいて、一括で変更するなんていうことも可能です。
もちろんハードコーディングしても良いのですが、それよりもわかりやすいと思いませんか。
他にも指定した色より何%明るい色を作る、何%暗い色をつくるといったことも可能です。aタグに基本色を指定しておいて、hoverしたときに15%明るい色を指定するということが可能になってくるんです。
グラデーションを指定するときにも使えます。

こういうことをサクッとおこなえるようになれば作業効率は飛躍的にあがります。
もうこういったメタ言語を使うのが当たり前の時代になっています。
ただ、もしも業者からSassのデータをもらったのに使えないというようなことがあった場合にはコーディング代行にお願いするというのも手かもしれませんね。
コーディング代行にお願いしてしまえばきちんとSassで書いてもらえますからね。

お知らせ

【2016年12月01日】ホームページを更新しました。

ページの先頭へ戻る